2021年12月27日

東群鋼材が設投推進

 北関東の有力鋼材流通、東群鋼材(本社=群馬県玉村町、荒井大祐社長)は、1期工事として本社の工場・倉庫計3棟の屋根と外壁部分を改修した。事務所と同一のグレーとブラックの2色にし、本社施設全体の統一感を演出。搬入口に標識を設置するなど構内物流も改善した。栃木第2工場(栃木県栃木市)にコラム切断用バンドソーを11月に1台設置し、来年4月に群馬県藤岡市の新在庫加工拠点を稼働させる予定など在庫加工能力も引き上げ、営業力の強化と顧客満足度の向上を図る考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)