2022年2月10日

東群鋼材、本社に形鋼複合機増設 月間加工能力15%増2500トン

 北関東の有力鋼材流通、東群鋼材(本社=群馬県玉村町、荒井大祐社長)は本社第2工場に3基目となる形鋼穴開け切断複合機を増設し、全社の一次加工能力を2500トンと従来比約15%高めた。1月に設置を完了しており、2月から本格稼働を開始した。増設に伴い、新たに専用オペレーターも雇用。従来保有機の中間サイズ(300W)を新型機で対応し、より効率的に一次加工を行う体制が整った。

おすすめ記事(一部広告含む)