2021年6月1日

東群鋼材、鋼材加工能力を増強 栃木新拠点が本稼働

 北関東の有力鋼材流通、東群鋼材(本社=群馬県玉村町、荒井大祐社長)は鋼材加工の能力を増強している。5月には新たな拠点となる栃木第1・第2工場(栃木県栃木市)が本格稼働した。形鋼類の切断や穴開けといった一次加工能力を強化したほか、溶接などの二次加工に進出し、梁加工を内製化。工場には営業所も併設しており、栃木・茨城・千葉の鉄骨ファブリケーター向けの販売体制を強化している。

おすすめ記事(一部広告含む)