2022年1月6日

キヨシゲ、形鋼・鋼管用レーザー加工機更新 ファイバー化で省エネ推進

 鋼材販売・加工、資源循環事業などを行うキヨシゲ(本社=千葉県浦安市鉄鋼通り、小林光德社長)は今月、加工センター(同)の形鋼・鋼管用レーザー加工機を新鋭機に更新する。従来のCO2レーザー機からファイバーレーザー機に切り替えることで、省エネルギーの推進や品質・生産性の向上につなげる狙いだ。

おすすめ記事(一部広告含む)