2022年1月31日

鉄流懇 橋本会長 供給網混乱、市場に負荷 物流24年問題 「対応が急務」

 鉄鋼流通問題懇談会(会長=橋本直政・JFEスチール専務執行役員)は27日、定例会合をオンライン開催した。会合後、本会長は会見し、鋼材市場について新型コロナウイルス禍からの回復が進む中で、半導体調達難が自動車生産を減少させるなど「サプライチェーンでモノがうまく流れず、ストレスがかかり始めた」と現状を分析。その上で「来年度上期は大きく落ち込む分野は見られず、堅調な流れに変化はない。緩やかな回復を踏まえ、慎重に需給を見ながら取り組むことが肝要」と実需見合いの慎重な対応を求めた。2024年度から働き方改革で物流などで労働時間の上限規制が施行される24年問題も勘案し、「対応が急務」と呼び掛けた。

おすすめ記事(一部広告含む)