2022年2月9日

22年3月期 高炉3社、高収益見込む 製造・販売で改革進展

高炉メーカー3社は2022年3月期に高水準の収益を予想している。日本製鉄は連結事業利益8000億円と半導体不足による自動車減産など需要が調整局面にある中で前回見通しを変えず、14年度以降の最高益を予想。JFEホールディングスは連結事業利益3900億円、神戸製鋼所は連結経常利益820億円とそれぞれ前回予想から上方に修正した。回復基調の国内外の需要を受けて高操業を続け、原料高の中で鋼材販売価格を大きく上げた。22年度は自動車分野の需要回復を見込み、販売是正や体質強化策の進展で高収益を持続する方針だ。





おすすめ記事(一部広告含む)