2022年2月28日

全鉄連各地区代表者会議 受発注・ミルシートデジタル化推進

 全国鉄鋼販売業連合会(会長=阪上正章・清和鋼業社長)は24日、オンラインで「全鉄連各地区代表者会議」を開催、新型コロナウイルス禍の各地区の状況と問題点、受発注・ミルシートデジタル化、製品ラベルなどについて討議した。阪上会長は受発注・ミルシートデジタル化について製品ラベルのQRコード・バーコード統一化も含め、他の鉄鋼業界団体と協調しての推進を表明。日本鉄鋼連盟、経済産業省、中小企業庁と連携し、実現へ向け具体的方策を進めることが今年の課題とした。齊藤栄一副会長(栄鋼管社長)はデジタル化推進は資金面も重要とし、将来的には全鉄連を任意団体から法人格を持った団体とすることも必要とし、次世代の課題に挙げた。
おすすめ記事(一部広告含む)