2022年3月7日

中国鋼板市中在庫減る 条鋼類は増加続く

 【上海支局】中国の鋼板類の市中在庫が2月下旬に減少に転じた。中旬の春節(旧正月)明け以降、需要が徐々に増えつつある一方で冬季の鉄鋼減産が続いているためとみられる。一方で条鋼類の在庫は年初から増え続けている。春節後に電炉の稼働率が向上しており、CO2排出削減に向けて政府が鋼板類を主力とする高炉の操業を制限し、代わりに条鋼類を主力とする電炉が多く生産する構図となっているようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)