2022年3月18日

新報国マテリアル 三重の鋳鋼生産性強化

新報国マテリアルは今期(2022年12月期)、三重工場(三重県三重郡川越町)で手掛ける鋳鋼の生産性を引き上げる。シームレスパイプ穿孔工具用溶鋼を鋳込むための鋳型を製作する造型プロセスを見直すもので、22年央をめどに「生型造型法」による自社造型を休止し、協力会社に委託する形で「コールドボックス造型法」に切り替える。造型工程を外部に委託することで三重工場は現行の造型スペースを鋳鋼製造スペース(鋳込み場)の拡大に利用することができることから、鋳鋼の生産能力が現行比で10%程度アップする。

おすすめ記事(一部広告含む)