2022年3月22日

大裕鋼業 大型スリッター導入 堺浜、電磁鋼板需要に対応

大裕鋼業(本社=堺市堺区、井上浩行社長)は、電磁鋼板加工拠点の堺浜事業所(堺区匠町)に新大型スリッターラインを導入する、来年2月に据え付け、同3月からの本格稼働を予定。投資額は基礎工事、付帯設備など含めて約4億円。新鋭機を導入するとともに、既存スリッター設備も温存してバッファ機能を持たせることで、今後各種モーター向けなどで拡大が見込まれる電磁鋼板需要に対応する。

おすすめ記事(一部広告含む)