2022年3月29日

日本製鉄 アルミめっきHS鋼板 TWB技術を初事業化

日本製鉄は28日、自動車軽量化のキー技術のひとつになっているアルミめっきホットスタンプ鋼板(AL―HS鋼板)のテーラードウェルドブランク(TWB)技術を独自開発し、国内で初めて事業化したと発表した。AL―HS鋼板)の生産拠点である九州製鉄所八幡地区に鋼板を接合するTWB設備を導入、2021年下期に自動車メーカーから採用が決定し、供給を開始した。これまでも部品素材としてのAL―HS鋼板の供給は行っていたが、今回、素材から一歩踏み込んだ素材・TWB一貫のサポート体制を構築した。





おすすめ記事(一部広告含む)