2022年5月10日

大同特殊鋼、特殊鋼鋼材1.5万円値上げ 5月契約から

 大同特殊鋼は、主原料・鉄スクラップ価格とエネルギーコストが大幅に上昇していることを背景として、5月契約分から特殊鋼鋼材と工具鋼製品のベース価格を追加で引き上げる。値上げ幅は特殊鋼鋼材が5月契約分(6月納入分)からトン当たり1万5000円、工具鋼は5月契約分から同5―20%とした。同社はすでに4月契約分からステンレス棒鋼・形鋼でベース価格を含めた追加値上げを行っていることから、全品種でベース値上げを実行することになる。

おすすめ記事(一部広告含む)