2022年5月17日

特殊金属エクセル、増産投資 新工場・圧延機など14億円

 特殊鋼やステンレスの冷間圧延加工などを手掛ける、特殊金属エクセル(本社=東京都豊島区、水谷徳次郎社長兼COO)は、新工場の建設や圧延機の新設導入をはじめとする生産体制強化などに合計14億円を投資することを決めた。生産性や歩留まりの向上を図り、得意とする高機能精密材料の供給体制を強化する。新圧延機は、QCD(品質・価格・納期)を高めるため、7億円を投じる埼玉事業所(埼玉県ときがわ町)に導入し、2024年の稼働開始を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)