2022年6月2日

高炉調達価格 4―6月原料炭、初の500ドル乗せ

高炉大手の主原料調達の四半期価格が固まってきた。スポット価格を反映する4―6月の原料炭は1―3月比33%上がり、初のトン500ドル(6万4200円)台に乗せる。7―9月の鉄鉱石は4―6月比13%上がる。ウクライナ侵攻を受けたロシア炭回避、代替調達などの影響で、原料炭中心に異例の高値が続く。当面は高値が続く可能性もあり、高炉大手は原料高の転嫁が引き続き課題だ。

おすすめ記事(一部広告含む)