2022年6月7日

扶桑鋼管 グループ売上高、2期連続最高視野に

 鋼管流通大手の扶桑鋼管(本社=千葉県浦安市、江村伸一社長)は2023年3月期、グループ売上高で229億円と2期連続で過去最高を視野に入れる。インドネシアおよびタイの機械加工拠点が好調で建設機械部品を中心とした旺盛な需要を取り込む。国内でも昨年増強した北陸の加工拠点や7月に移転する東海地区の在庫拠点が本格稼働を行う予定で、江村社長は「今期までに内部留保を含めたグループの自己資本勘定で100億円を達成したい」としている。

おすすめ記事(一部広告含む)