2022年6月7日

中部鋼材、スリッター制御盤更新 センサーで加工短縮

 中部地区のオーナー系コイルセンター、中部鋼材(本社=名古屋市港区、鈴木丈博社長)は、本社工場のスリッター制御盤を更新し5月から稼働を開始した。老朽化に伴う更新で、省人化や自動化を図るとともに加工段取りや加工時間も短縮化することで、顧客への納期対応力の強化につなげている。

おすすめ記事(一部広告含む)