2022年6月17日

日鉄エンジ マレーシア脱炭素化事業 廃棄物発電設備導入へ

日鉄エンジニアリングは16日、マレーシアでの脱炭素化促進事業に関する環境省公募に採択されたと発表した。同社とNTTデータ経営研究所、北九州市の3者がマレーシア・イスカンダル地域開発庁と実施している都市間連携事業「イスカンダル地域における脱炭素化促進事業」に2019年度から参画。日鉄エンジは同地域での廃棄物発電施設導入の実現に向けた調査を担当してきた。今回の採択により同事業での検討内容をさらに深化させ、同地域での廃棄物の大幅な減量化・エネルギー利用の拡大と温室効果ガス排出量の削減に貢献する。

おすすめ記事(一部広告含む)