2022年6月30日

関東CC工業会 経営調査 21年度下期 黒字97%

 関東コイルセンター工業会(会長=藤澤鐵雄・藤澤鋼板社長)がこのほど実施した経営実態アンケートによると、2021年度下期に経常利益を確保した企業は半年前の前回調査から3・2ポイント低下の96・8%となった。市況上昇や価格転嫁の進展などで各社がマージンを維持できたとみられる。ただ、今年3月単月の経常損益は黒字が90・4%に低下するなど、今年に入ってから需要水準が低下し、諸コストが上昇している影響が表れつつある。

おすすめ記事(一部広告含む)