2022年6月30日

中山鋼業、鋼種エキストラ改定 8月契約から2000円上げ

 関西地区異形棒鋼ベースメーカーの中山鋼業(本社=大阪市、村木正典社長)は、8月1日契約分から鋼種エキストラを改定する。製鋼の際に不純物を取り除いたり、成分を調整したりするために添加する合金鉄などの副原料や副資材価格が高騰していることを反映させる。「自助努力だけでコスト上昇分を吸収することは困難な状況」(同社)とし、鋼種エキストラ改定が必要だと判断した。

おすすめ記事(一部広告含む)