2022年7月12日

日鉄エンジ コークス乾式消火設備 JFE千葉向け竣工

 日鉄エンジニアリング(石倭行人社長)は11日、JFEスチールから受注した東日本製鉄所千葉地区向けコークス処理能力最大80トン/時のコークス乾式消火設備(CDQ)1基を竣工し、引き渡したと発表した。都市型製鉄所へ設置するため、コークス搬送・冷却時の発じんを最大限抑制する環境対策に配慮した設計とした。同プロジェクトは新型コロナウイルス禍による各種制約がある中での実行となったが、サプライチェーンの見直しや遠隔での製造管理体制の構築により工程遅延を回避、予定より前倒ししたスケジュールで円滑な設備立ち上げを実現した。

おすすめ記事(一部広告含む)