2022年7月22日

日本製鉄 物件向け一段値上げ推進

日本製鉄は21日、物件(プロジェクト)向けH形鋼の価格について、前月の物件H形鋼(JIS―H形鋼)、外法H形鋼(ハイパービーム)ともベース価格でトン当たり5000円値上げし、拡大サイズエキストラを含め本年度で同累計3万5000円の値上げ実施を踏まえ、さらに値上げに向けた交渉を推進すると発表した。個別顧客単位での交渉実施となり、具体的な値上げ額は公表していないが、来月にも全体の指針として数値化を検討する。





未購読者の方はこちらからお申し込みください
日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)