2022年7月22日

日本製鉄、CO2から中鎖脂肪酸製造研究に着手 微生物利用、豪大学などと

 日本製鉄は22日、微生物を利用してCO2から化学品や燃料の原料となる中鎖脂肪酸を製造する研究開発に着手したと発表した。中鎖脂肪酸は農業用の抗菌剤、香料の中間体、燃料の前駆体などプラットフォームケミカル(基礎化学品)として高い可能性を持つ。豪州研究会議が公募するプロジェクトにクイーンズランド大学、豪アーバンユーティリティ社と共同で応募、採択された。CO2有効利用(CCU)はカーボンニュートラル(CN)実現のために必要不可欠な技術とされており、日鉄ではCCUをはじめ、気候変動問題を解決するイノベーション技術など革新的技術開発を急ぐ。

おすすめ記事(一部広告含む)