2022年8月4日

JFE 事業利益44%減予想 通期2350億円

JFEホールディングスは3日、2023年3月期の連結事業利益が前期比43・6%減の2350億円と2期ぶりに減益となる予想を発表した。鉄鋼事業のセグメント利益は1500億円と前期の3237億円から大きく減少する見通し。急激な円安の進行による為替影響や棚卸資産評価差などの減益要因を織り込んだ。年度後半に国内外の需要回復を見込み、粗鋼生産は前年並みを維持。資源・エネルギー価格が高騰し、鉄鋼原料価格が高止まりする中、鋼材販売価格の改善とコスト削減を継続し、収益力を向上させる。






未購読者の方はこちらからお申し込みください
日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 

おすすめ記事(一部広告含む)