2022年8月30日

日本製鉄 2ギガパスカル級熱間プレス材 新車Bピラーに採用

日本製鉄は30日、自社開発の引張強度2・0ギガパスカル級のホットスタンプ鋼板が国内新型車のBピラーに採用されたと発表した。2・0ギガパスカル級材はバンパーや異鋼種材接合のTWB(テーラードブランク)材などに使われた例はあるが、骨格部品の一つBピラーに採用されたのは世界で初めて。これにより自動車メーカーは軽量化、衝突安全性能向上、ライフサイクルでの温室効果ガス排出量の削減が進む。

おすすめ記事(一部広告含む)