2022年11月14日

ダイヘン、超ハイテン・アルミ合金 新接合装置開発 省エネ、低温域で強度保つ

 ダイヘンはこのほど、超ハイテン材やアルミ合金をはじめとする難接合の安定接合と従来比最大50%の省エネを両立する次世代接合システム「コールド・スポット・ジョイニング」を世界で初めて開発した。同製品は大阪大学接合科学研究所の研究成果である「固相抵抗スポット」をベースに、産学連携による協働研究を経て実用化した製品となっている。
おすすめ記事(一部広告含む)