2022年12月6日

日本製鉄と横河NSエンジ S―CAP工法、共同開発 橋梁床版、急速取り替え

 日本製鉄と横河NSエンジニアリングは橋梁のRC床版を鋼床版に急速取り替えする技術「STEEL―C.A.P工法(S―CAP工法)」を共同開発した。パイロット工事に着手し2日、工事現場を報道陣や関係者に公開した。日本製鉄の塗装周期延長鋼「CORSPACE(コルスペース)」とセットにすることで、LCC(ライフ・サイクル・コスト)低減や省人化、道路を通行止めせずに工事を行えるなどのメリットをアピールしていく。
おすすめ記事(一部広告含む)