2022年12月14日

東海カーボン 黒鉛電極、大型サイズ強化

東海カーボンは黒鉛電極事業で差別化戦略を強化する。ライバルが限られるスーパーサイズの強化のほか、電炉の使用段階で歩留まりが改善する高機能品など、100年以上の歴史で培ってきた技術を整理し直し、差別化につなげる。世界的に鉄鋼メーカーで電炉の増設が進む中、電極需要は拡大していく一方、中国、インドなど新興国メーカーがスーパーサイズに進出するなど、競争も激化している。東海カーボンは生産効率を高めるなどコスト競争力を強化する一方で、製品の機能を強化し、得意の高付加価値品で収益を確保する狙いだ。





おすすめ記事(一部広告含む)