2022年12月14日

日鉄エンジ、商用2件目 洋上風力発電施設建設 北九州響灘で受注

日鉄エンジニアリングは13日、北九州響灘洋上風力発電施設建設工事を受注したと発表した。商用の洋上風力発電施設の建設として2件目の受注となる。工事は北九州響灘地区の港湾区域内(約2700ヘクタール)に最大出力220メガワットのジャケット式を基礎とする大規模洋上風力発電施設(9・6メガワット/基×25基)を建設するもので、日鉄エンジと五洋建設との共同企業体(JV)で行う。2022年度末に着工し、運転開始は25年度を予定している。
おすすめ記事(一部広告含む)