2022年7月4日

日鉄エンジ インドネシアで亜鉛めっきライン納入

 日鉄エンジニアリングは4日、インドネシアのALEXINDO(アレシンド)社から受注した溶融亜鉛めっきライン(CGL)を竣工し、引き渡しを行ったと発表した。新設備は耐候性・耐久性に優れた建材用55%AL―Zn溶融亜鉛めっき鋼板を製造する設備で、日鉄エンジとしてインドネシアに納入したCGLでは3基目。プロジェクトでは同社とグループ会社の日鉄設備工程(上海)が一体となり、試運転調整までトラブルなく円滑に完了した。

おすすめ記事(一部広告含む)