2022年12月28日

22年度 CC出荷3.2%減見通し 1382万トン 過去2番目の低水準

全国コイルセンター工業組合(理事長=小河通治・小河商店社長)がこのほど経済産業省のヒアリング用にまとめた資料によると、2022年度のコイルセンター出荷量は前年度比3・2%減の1382万1000トンと2年ぶりに減少する見通し。リーマン・ショック直後の09年度実績(1383万1594トン)を下回り、20年度(1367万2359トン)に次ぐ過去2番目の低水準となる。自動車減産をはじめとする実需の低迷が1年以上続いており、同組合では来年1―3月も需要回復は限定的とみている。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 
おすすめ記事(一部広告含む)