2022年11月25日

三菱商事RtMジャパン 22年度 連続最高益狙う 下期、リスク管理を徹底

三菱商事RtMジャパンは2年連続で最高益を狙う。2021年度の純利益は前年比24億円増の76億円を上げた。商品市況の上昇に加え、地政学リスクなどを受けて商流が変わる中で、三菱商事のネットワークを生かし、需給双方の新たなニーズに対応した。22年度上期は好業績だったが、下期は世界的な景気後退などリスク要因が高まっており、リスク管理を徹底しながら前年を上回る収益を目指す。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 
おすすめ記事(一部広告含む)