2022年12月29日

4―9月業績ランキング 鉄鋼・非鉄メーカー ROS首位、大和工業54% 販価上昇受け7割が改善

産業新聞社はこのほど鉄鋼・非鉄メーカーの2022年4―9月期の連結業績ランキングをまとめ、大和工業が売上高経常利益率(ROS)のトップとなった。国内外の総販売量は減少したが製品構成が改善し、原料の鉄スクラップ価格が低下したことで利益率54・2%(前年同期31・2%)と大幅に向上した。資源・資材インフレを受けて製品価格の上昇が続き、増益51社、黒字化9社と約7割の企業が改善した。売上高、経常利益とも1位日本製鉄、2位JFEホールディングスとなり、自動車の減産などで販売量が減少する中、製品の価格是正を続けた鉄鋼大手は増益の傾向を維持した。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 
おすすめ記事(一部広告含む)