2023年1月18日

日本製鉄 物件H形鋼 値上げ姿勢継続

 日本製鉄は18日、物件(プロジェクト)向けH形鋼の価格について物件H形鋼(JISーH形鋼)、外法H形鋼(ハイパービーム)ともベース価格でトン当たり5000円値上げ、拡大サイズエキストラを含め本年度で同累計3万5000円の値上げを継続し、従来方針に則した受注を続けると発表した。店売も引き続き対前月で据え置く。為替は若干、円高に振れているものの、依然として円安傾向にあり、原料価格は高止まりし、「コストを勘案すると、状況を見極め、引き続き値上げを検討する」(厚板・建材営業部)考えだ。
おすすめ記事(一部広告含む)