2021年4月23日

脱炭素社会へ 切り開く未来 非鉄編(10)伸銅 排出量削減へ変革進む 新たな需要創出にも期待

「ゼロエミッションなどの流れが加速してフェーズが変わる年になる」。日本伸銅協会の柴田光義会長(古河電気工業会長)は産業新聞社の新春インタビューで2021年の事業環境についてこう語った。

50年のカーボンニュートラル実現を目指すグリーン成長戦略が昨年末に策定されたことを受け、伸銅メーカー各社は脱炭素戦略を強化。エネルギー調達方法から製品開発まで多角的な観点から温室効果ガス排出量の削減に向けて変革を進めている。

おすすめ記事(一部広告含む)