2021年5月12日

企業研究シリーズ/三菱マテリアル150周年ー素材の力で持続可能な未来を創るー(3)銅加工事業 高い開発力・組織一体化で競争力向上

三菱マテリアルの銅加工事業は上工程から下工程までの一貫生産体制と100年以上の歴史の中で蓄積したノウハウを強みに持つ。生産拠点の若松製作所(福島県)と三宝製作所(堺市)では、主に板条製品を生産する。生産量は国内最大規模の月1万1000トン前後。

おすすめ記事(一部広告含む)