2021年8月5日

企業研究シリーズ/古河電気工業千葉事業所(下) カーボンニュートラルに貢献/発電計画全体支える拠点

千葉事業所は、脱炭素社会実現に向けて需要の拡大が期待されている洋上風力発電向けの超高圧電力ケーブルの製造拠点だ。1969年に横浜電線製造所に代わり電力ケーブルの主力工場となると、高さ60メートルのVCVタワーを設置。高度経済成長期を迎える日本の電力インフラを支えていった。

おすすめ記事(一部広告含む)