2021年8月16日

テクニカル今週の相場/8月第3週/銅、9500ドルで方向探る/アルミ、2600ドル巡り攻防

▼銅=ロンドン金属取引所(LME)の現物相場は、トン9500ドルを中心に方向感を探ることになる。ただ、上値を追うだけの強材料を欠いている。

8月第2週のLME現物セツルメント(前場売値)は小幅続落した。下値支持線の26週移動平均線(現地12日時点で9470ドル)を割り込むと、買い戻しが入るとともに同線を再び上回った。

おすすめ記事(一部広告含む)