2021年9月16日

点検/鉄鋼市場/10―12月/薄板/厚板

薄板/強弱材料混在し見通し難/車向け変調も供給余力低下

 10―12月の薄板需給は年初から続いたタイト感の維持に黄信号が灯りつつある。昨秋以降の薄板需要をけん引してきた自動車向けと海外市場が変調をきたし、先行き不透明感が増している。一方で、国内鉄鋼メーカーは高炉の休止や改修準備などに伴い、供給余力が一段と低下する見込み。強弱材料が入り混じる展開に関係者は「この一年で最も見通しづらい」(扱い筋)と困惑する。

おすすめ記事(一部広告含む)