2021年11月26日

工場ルポ/共同カイテック・綾瀬プラント/アルミ製バスダクト製造拠点/自動化で生産性改善

銅価の高騰に伴い、アルミを使った電力幹線システムに注目が集まっている。電力幹線システム「バスダクト」で国内トップシェアを誇る共同カイテック(本社=東京都渋谷区、吉田建社長)は、アルミ製のバスダクト「シャフトスター」を展開している。シャフトスターとE―BD型絶縁バスダクトを製造する同社の綾瀬プラント(神奈川県綾瀬市)を訪れた。

おすすめ記事(一部広告含む)