2021年12月9日

神戸製鋼所 事業部門長に聞く/溶接/山本明執行役員/拡販ゾーン対応を強化/新製品順次導入 ITにも積極投資

 神戸製鋼所の溶接事業部門は、溶接材料・ロボットシステム・溶接施工が三位一体のソリューション提案を国内外で展開、「世界で最も信頼される溶接ソリューション企業」であり続けることを目指している。同事業部門長の山本明執行役員に現状と今後の取り組みについて聞いた。

 ――昨年度以降、溶接事業も世界的な新型コロナウイルス禍の影響を色濃く受けた。2021年上期の状況は。

 「溶接材料に関して、国内は自動車関連向けの販売増加、海外もASEANにおける自動車向けや建設機械向けの販売量が増加し、上期の事業部門売上高は前年同期比33億円増の380億円となった」

おすすめ記事(一部広告含む)