2021年12月15日

神戸製鋼所/アルミ板事業戦略/鉄鋼アルミ事業部門アルミ板ユニット長/谷川正樹氏/車向け提案、採用拡大へ/再生原料活用など環境負荷低減

神戸製鋼所のアルミ板事業は2023年度までの中期経営計画で缶材やディスク材、半導体製造装置向け厚板といったコア事業の収益力強化を掲げている。将来的には自動車向けパネル材需要の増加が期待される。今後のアルミ板事業をどのように推し進めるのか。鉄鋼アルミ事業部門アルミ板ユニット長の谷川正樹執行役員に聞いた。

おすすめ記事(一部広告含む)