2021年12月10日

鉄鋼業界で働く/女性営業職編/インタビュー(下)/管理職登用、意欲と悩み

女性が管理職に就くことを推進したり、期待感を高めたりする企業がある一方で、結婚や出産、子育てなど、自身の人生と仕事の両立に悩む女性社員も多いのが現状だ。阪和興業大阪本社鋼板販売部鋼板販売課で働く小林紀子さんも、女性管理職のあり方などについて考える一人。女性のキャリアや人生の歩み方についての思い、鉄鋼業界に今後望むことなどについて聞いた。

 ――若手の女性総合職が増えてきていると伺いました。

 「ここ数年は、総合職の新入社員約50―60人のうち約25%が女性と聞いています。女性の半分以上は東京本社へ、例年3―4人ほどが大阪本社へ配属されますね。一定数は管理部門にも配属されます。周囲にも女性総合職の営業はいますが、年齢が離れている方も多く、お互いを知っている程度です」

おすすめ記事(一部広告含む)