2022年2月7日

解説/日本製鉄 調整局面でも高収益維持/実力事業利益/6000億円定着、上積み狙う/来期、販価是正を一段強化

日本製鉄は2021年度第3四半期(10―12月)に第2四半期を上回る高収益を上げた。海外市場の減速や新型コロナウイルス感染拡大など事業環境が下振れする中で鋼材販売価格の是正や注文構成の高度化など収益力を強くし、通期連結事業利益8000億円と統合後、14年度以降の最高を見込む。来期は需要回復と原料高を想定。販価是正や商慣習変更によって同6000億円の実力を固め、上積みも狙う考えだ。
おすすめ記事(一部広告含む)