2022年6月21日

鉄鋼業界で働く/女性社長編/インタビュー(下)/はっきりと方向性伝える

 オランダの電磁鋼板加工センターで社長を務める日本人女性がいる。三井物産からEuro―Mit Staal(ユーロミットスタール、以下EMS)に出向中の原麻里子さんだ。入社時から電磁鋼板を中心とした海外輸出を担当。米国育ちでロシア生活も経験しており、海外勤務が肌に合っているようだ。1992年の営業開始から今年で30周年を迎えるEMSでの業務や、日本の鉄鋼業界について思うことなどを聞いた。

 ――再び電磁鋼板の輸出担当に。

 「2017年に、出向で三井物産スチールの薄板海外事業部門電磁鋼板部へ異動しました。実質、06―09年にいた部署にまた配属された形なので、扱う品種は以前と同じ方向性電磁鋼板、お客さまも入社当時のままです。新人のころは一担当として走り回っていましたが、今回は部長代理で役職も上がっていたので、チームリーダーとして市場の様子など全体を俯瞰して見るようになりました。仕事へのアプローチが変わりましたね」

おすすめ記事(一部広告含む)