2022年6月14日

鉄鋼業界で働く/女性社長編/インタビュー(上)/いろいろな国で働く魅力

国内営業だけでなく、海外営業で活躍する女性も増えている。三井物産では、オランダを本社とする電磁鋼板の加工センター、Euro―Mit Staal(ユーロミットスタール、以下EMS)に原麻里子さんが出向中。社長として、74人の社員をまとめ上げている。これまでの生い立ちや就職活動、業務内容などについて聞いた。

 ――入社までの経緯を。

 「父の仕事の関係で、5歳から18歳まで米国に住んでいました。日本の学校法人が現地で運営する高校に通っていたのですが、当時は駐在員の子供であることが入学条件だったので、同級生の親は全員駐在員だったんです。ほとんどが商社でしたね。イスラエルやブラジル、ロシアなどさまざまな国に住んだことのある同級生ばかりで、彼らの存在はもちろん、いろんな国で働くということに憧れ、刺激を受けました」

おすすめ記事(一部広告含む)