2022年6月28日

点検 鉄鋼市場/7―9月/特殊鋼/ステンレス

特殊鋼/自動車以外の需要底堅い/構造用鋼市況4万円上伸か

 7―9月の構造用鋼需要は自動車向け以外が底堅く推移し、店売りは低位横ばいが続く見通し。自動車の挽回生産遅れの影響などでメーカー各社には生産余力が見られ、昨夏のような需給ひっ迫感はなさそうだ。構造用鋼(機械構造用炭素鋼、クロム・モリブデン鋼)市況は、7月から9月にかけて累計でトン当たり4万円上伸するとみられる。流通が販売価格の引き上げを打ち出し、7月に同2万円、9月に同2万円と2回に分かれて上がりそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)