• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2018年7月12日

豪雨で鉛製錬所操業停止 需要家、自社在庫で対応 当面影響少なく

西日本豪雨による鉛製錬所の操業停止を受け、バッテリーメーカーは自社原料在庫で生産対応する方針だ。電気鉛の国内需給がタイトな状況下で、国内生産能力の3分の2相当が被害を受けたため、商社などを通じて緊急輸入する必要も考えられたが、当面の生産に影響は少ないとみられている。

6―7日の豪雨により、三井金属・竹原製煉所(広島県竹原市)では工場内が冠水し、一部生産ラインで操業が停止し、復旧に向け対応中であると10日発表した。東邦亜鉛・契島製錬所(同豊田郡大崎上島町)も断水などで停止しており、同日付で同様の発表を行った。これら鉛製錬2拠点の年間生産規模は約13万トンと推定される。

鉛バッテリー最大手のGSユアサは11日、本紙取材に対して「一定のストックはあるが、事態が長引けば対策を講じたい」(広報)とコメント。ただちに輸入など措置はとらない姿勢を示した。自動車用鉛バッテリーの需要が好調な上に、製錬メーカー在庫もほぼ払底とみられていたため、「韓国からの緊急輸入は避けられないのでは」(商社関係者)などと言われていたが、当面は事態を見守る構えのようだ。

竹原製煉所は来週には復旧の見通しで、それまでに出荷予定の物量は確保できている。しかし、両拠点のある広島県竹原市周辺は、土砂崩落などによって交通網が寸断されており、物流面での影響が今後長引く可能性もある。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせは各拠点に

検索

日付
採用募集
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2018/07/17
H2新断プレス
34300円 (―)38800円 (―)
302.36ドル (0.85)342.03ドル (0.96)

 換算レート (TTS) 113.44円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2018/07/17調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
7200068000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8600086000
鉄スクラップ
H22500021000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 717 712 715 710
電気亜鉛 332 326 332 326
電気鉛 309 306 309 306
アルミ二次地金 99% 225 220 225 220

非鉄金属市場価格へ