2015年8月11日

中国鋼材市況が反転 下期好転期待 需要家底値買いも

 中国の鋼材市況が反転し始めた。熱延コイルは8月第1週にトン2270元(約4万5000円、3ミリ厚・増値税込)と前週比2・9%上がり13週ぶりに上昇。異形棒鋼は2247元(16ミリ径)と5・8%の大幅高で4週連続上がった。下期の需要好転が期待され、需要家に底値買いの動きが出てきた可能性がある。上昇に転じた鉄鉱石価格も鋼材市況を押し上げているようだ。
おすすめ記事(一部広告含む)