2018年1月16日

中国鋼鉄工業協会、18年も能力削減継続 「質的発展の重要段階に」

 【上海支局】中国鋼鉄工業協会は2018年理事拡大会議を13日に開き、企業統合の推進と能力削減の継続、地条鋼復活防止、産業レベル向上を新年の方針に掲げた。同会議で協会の新会長に選任された于勇・河鋼集団董事長は「改革開放40周年の18年に鉄鋼業は質的発展の重要な段階に入る。能力削減を続け、産業の安定した運行と質的発展に取り組む」と強調。国家発展改革委員会の夏農・産業協調司巡視員は能力削減に衛星技術を利用する考えを示した。

おすすめ記事(一部広告含む)