2019年8月20日

中国鋼材市況、鋼板類下げ止まり 先物反発影響か 条鋼はなお弱く

中国の鋼材市況は先週に条鋼が続落、鋼板は下げ止まった。上海の異形棒鋼は1週間でトン70元(約1000円)、2週間で計210元下落。熱延コイルは横ばい、冷延は小幅ながら反転した。在庫が増え、不動産市場の先行き不安が高まった条鋼市況はなお弱いが、先行して下がっていた鋼板市況は秋の需要期に向け持ち直し始めた。先週に反発した先物価格も影響したようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)